いまのあなたにはどれがぴったり?占いの種類を知ろう!

基本的な運命の流れを知りたいなら『命占』

占いの種類は大きく3つに分けることができます。その人の生年月日や生まれた時間、場所などから運命や人生の流れを占うのが「命占(めいせん)」。四柱推命や西洋占星術、数秘術などがこれにあたります。生年月日などの情報は一生変わることがないので、生まれ持った性質や才能、運命を占うのに適している占術です。相性占いであれば、お互いの基本的な性格傾向からくる2人の相性や運命の流れなどを見るわけです。その人の土台や素質、才能を見抜いてアドバイスしてくれるのが、命占なのです。

リアルタイムの悩みには、『卜術』

2つ目の『卜術(ぼくじゅつ)』は、タロット占いやおみくじ、花占いなどがこれにあたります。霊的な力やタイミング、そのときの運で判断される占術です。偶然の中に必然を見出し、生年月日などの特定の情報には基づかず、質問に対してどのようなメッセージが出たかで答えを導いていく占いです。ですから、性格や運命など基本的には変わらないはずのものを占うのには適しません。現在の相手の気持ちが知りたいときや、何か選択に悩んでいるときなどに、リアルタイムの状態をキャッチしてアドバイスをもらうのに適した占術です。

運命を打破し、開運したいときは『相占』

『相占(そうせん)』は、モノの形や様子から、運勢や現在の吉凶を見る占いです。家相占いや手相・人相占い、画数をみる姓名判断などがこれですね。モノがこういう形になったのには、こういう過去・流れがあったからで、ならばこの方向でいけば今後はと判断し、運勢を知り悪い現状を打破して、改善方法を知り開運に導く占いなのです。家相占いで風水を取り入れて開運したり、芸能人が改名して運を掴んだり。相占は、命占と卜術の中間のような位置づけの占術です。動かないデータをもとに占う命占と、移り変わりの中で現状を占う卜術。相占は今は確かなものであってもいつか変わっていく内容から診断されるのです。・・・いかがでしたか?以上3つの中で、今のあなたに向いているのはどの占いでしょう。占術が合っていなかったばかりに、答えが導かれなくてガッカリなんてことが無いように、興味のある占い師がいたら事前にどの分野の占術が得意なのかを確かめてから、鑑定してもらうといいですね。

占い師が当たる事は、的中率の高い占いをしてもらう事が出来る事になります。確実に占いの内容を信じる場合には評判も重要です。